フォントブログ, フリーフォント

やさしさゴシックの特徴

Posted on 2012-03-10

yasashisagothicfont2

明日公開予定のフリーフォント、やさしさゴシックの特徴を紹介。
まず全文字がわずかに角丸処理してあります。しかし通常の
表示の場合むしろシャープに感じられると思います。
ロゴなど大きな文字にした場合、そのやさしさを発揮します。
よく使う文字はオリジナルでM+FONTをベースに足りない漢字を
IPAゴシックで補完しています。それによりほぼすべての文字を
網羅していて使いやすいフォントです。
縦書きに対応したTrueTypeフォントです。またオマケとして
OpenType、Macスーツケースなどほぼ全てのファイル形式を同梱。
デザインは、ひらがなが本来持っている雰囲気を大切にしながらも
横のラインはかなりシャープで現代的です。
そう言う意味ではクラシックで懐かしい感じだけどシャープで現代的
という一見すると相反するような要素のフォントと言えるでしょう。



Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Tumblr

関連するフォント記事

 

Comment





Comment



CAPTCHA