始めに

 

このサイト(フォントな)について

「フォントな」と言います。フォントな情報サイト。そしてオープンソースの安心フリーフォントのダウンロードが中心のサイトです。フォント・タイプフェイスに関する情報や基礎知識、フォントの作り方などの文字に関するブログも掲載しています。リンクはリンクフリーなのでお気軽に。

 

フォントのご使用に当たって

フォントをインストールして頂くと、ワープロ、グラフィックソフトなどの
アプリケーションでこのフォントを使って商用・非商用にかかわらず
自由にデザイン、グラフィック加工、印刷することができます。
安心して使える、やさしさ溢れる文字デザインのフォントです。
ダウンロードページよりフォントのダウンロードができます。

 

どんなフォントなの?概要

やさしさフォント、IPAゴシック、M+フォント

配布をしているのは、以下の2種類を合成したフォントに
オリジナルの文字を加え加工したTrueTypeフォントです。

* M+(エムプラス)フォント
* IPA(アイピーエー)ゴシック

ひらがな、カタカナをオリジナルで制作し、残りの部分をM+FONTで補いました。
またM+FONTで不足している漢字をIPAゴシックで補っています。
全体的なデザイン処理として、わずかに文字の角を丸く加工処理しています。
M+FONTおよびIPAゴシックの派生プログラムにあたります。

 

インストールについて

1.フォントをダウンロードしたら圧縮されたファイルを解凍します。
まず+Lhaca、StuffIt Expander、WinRAR、Lhaplus等の解凍ソフトを使用し解凍し
フォントファイルにして下さい。次に同梱されているリードミーをお読み下さい。

フォントの解凍ソフト

2.フォントをパソコンにインストールします。
以下からお使いのパソコンのインストール方法に従ってください。

Windows7でのフォントのインストール


WindowsXP〜7でのフォントのインストール

Mac OS Xでのフォントのインストール

 

ライセンスについて

このフォントのライセンスは、
M+と、IPAフォントのライセンスに準じます。

M+のライセンスは、配布物に含まれる
「mplus-TESTFLIGHT-043」フォルダ内の書類をご覧ください。

IPAフォントのライセンスは、配布物に含まれる「ipag00303」フォルダの
IPA_Font_License_Agreement_v1.0.txtをご覧ください。

このフォントをIPAフォントに置き換える場合は、
以下のWebサイトで「IPAゴシック(Ver.003.03)」を入手してください。
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/

 

IPAフォントへの置き換え方(戻し方)

1.「07 YasashisaGothic」フォントのアンインストールを行ってください。
2.http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/ よりフォントをダウンロードしてください。または「IPAfont00303」フォルダ内のIPAゴシックを選択してください。
3.必要に応じてIPAゴシックをインストールしてください。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。

M+ フォント製作者の皆様、IPAフォント 製作者の皆様、ありがとうございます。

 

ダウンロードについて

ダウンロードパスワードは「ダウンロードボタン」の前に
青い文字で記載してあります。というかパスワード=フォント名です。
「やさしさゴシック」であればやさしさゴシックです。
トラブル回避やレンタルサーバーで運用できる転送量を越えてしまっているために
抑制策を取っています。国内最大の転送量のサーバーを3つ借りて
なんとかしのいでいる状態です。すみません。

 

お問い合わせ

お問い合わせはフォームからご連絡下さい。

ダウンロード方法・インストール方法・Lineスタンプ・素材集収録
ダウンロードパスワードについては一切返答いたしません
ホームページ内の記載を、よくご覧下さい。
ダウンロードパスワードは「ダウンロードボタン」の前に
青い文字で記載してあります。


Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Tumblr

 

 

コメント1件

 フォントな管理人 | 2016.04.04 18:38

IPAの規約に基づきます。まず画像ファイルとして納品する場合は問題ありません。
ロゴとしての利用も大きくは問題ありません。
アプリのフォントとして、フォントファイル自体(画像やロゴでなく)納品する場合は
避けた方が良いでしょう。

Comment





Comment



CAPTCHA